無添加のダイエット食品

MENU
 

安心・安全で選ぶダイエット食品

無添加のダイエット食品

添加物が入っていないものが良い理由は?

 

加工食品が普通に手に入る現代ですが、その分、食品添加物も様々なものが利用されるようになってきました。
しかし、中には安全性が疑問視されている添加物も少なくありません。

 

食品の安全性も自分たちで見極めることが大切な時代。
キレイのためにはじめたい置き換えダイエット食品も、安心して続けられるものを選びましょう。


ダイエット食品を選ぶ際にとくに気をつけたい添加物

ダイエット食品の甘味料

ダイエットシェイクや酵素ドリンクなどのダイエット食品を選ぶ際、とくに気をつけたいのは甘味料です。

 

低カロリーやカロリーゼロにするために、砂糖の代わりに使われる合成甘味料には次のような問題があります。

 

アスパルテーム

砂糖の200倍程度の甘味があります。
1983年に当時の厚生省に使用を認可されていますが、イタリアで行われたラットでの実験では白血病やリンパ腫の発生がみられました。
また、アメリカの研究では、脳腫瘍を起こす可能性もし適されています。

 

スクラロース

砂糖の600倍の甘味がありますが、毒性物質である有機塩素化合物の一種です。
1999年に認可されて以来、様々な加工食品に利用されていますが、ラット実験ではリンパ組織の萎縮がみられました。
また、妊娠したうさぎへ大量投与したところ、死亡例や流産も認められています。

 

アセスルファムK

砂糖の200倍の甘味があります。
イヌの餌にアセスルファムKを混ぜて与えた実験では、リンパ球の減少やGPT(肝臓が障害を受けた際に上がる)に上昇がみられました。
肝臓のダメージや免疫力の低下を引き起こす可能性があります。

 

ここでは、甘味料についてのみ記載しましたが、化学合成でできる食品添加物はできるだけ避けたいものです。
ダイエット食品などの加工食品は購入前に添加物が入っているかどうかを確認するように心がけてみるのがおすすめです。


 

「無添加」で選ぶ置き換えダイエット食品

粉末やドリンクタイプのダイエット食品の多くは添加物を使用して作られますが、なかには「無添加」にこだわって作られたものも。
品質重視でしっかり作られているものなら、置き換えダイエットに利用するのも安心感があります。
ここでは、そんなダイエット食品をピックアップしました。

 

美容液ダイエットシェイク

美容液ダイエットシェイク

 

人工甘味料を一切使用せず、あえて砂糖を使っているダイエットシェイクです。
ダイエット食品で砂糖を使うものはむしろめずらしいですが、毎日食べるものだからこそ安心して続けられるものを。
味もナチュラルでとてもおいしく、7種類を楽しみながら続けることができます。

 

無添加の美容液ダイエットシェイク
甘味料だけでなく、酸味料や着色料、乳化剤などの添加物も不使用です。

 

無添加の美容液ダイエットシェイク
1日に必要な栄養素の1/3がしっかり摂れるため、置き換えダイエットはもちろん、妊娠中や授乳中のバランス食として、また病後の回復食としても利用できる品質です。

 

美容液ダイエットシェイク 詳細ページをチェック

 

優光泉

酵素ドリンク 優光泉

 

酵素ドリンクはシロップなどで薄められているものが多いですが、優光泉は60種類の野菜・果物から抽出された100%原液です。

 

砂糖やハチミツ、香料などすら使わず、麦芽糖による抽出でカロリーも控えめ。
野菜そのものの甘さがふんわり残る、おいしい酵素ドリンクです。

 

酵素ドリンク優光泉 詳細ページをチェック

 

無添加のダイエット食品で内側からも美ボディを育てよう

食品添加物の安全性は厚生省で認可を受けているものであっても、「全く安全」とは言い切れないものも実は多いのはご存知でしょうか。
巷に溢れる加工食品のそのほとんどにはなにかしらの食品添加物が使われています。
もちろんそのすべてが危険性が高いわけではありませんし、すべての添加物を摂らないようにするというのは、現代の食生活においてはかなりの努力が必要になりますよね。
でも、心がけ次第で添加物の摂取量を減らすことはできます。微量のものもつもり積もれば体に影響を与えかねません。
ダイエット食品を選ぶ場合も、無添加を基準として選ぶことで、添加物の摂取量を減らしたい方も多いため、こちらのページで紹介することにしました。

 

ダイエットは健康的にキレイになるのが理想的です。
無添加のダイエット食品をチョイスすることは体の負担を減らしてあげることにもつながります。
また、味の面でも、人工甘味料などを多用した場合、インスタント的な味になってしまいます。味覚的にも不自然なダイエット食品が多く、それが続かない原因の1つになっている方もいらっしゃるようです。

 

時間がいくらあっても足りないほど忙しい現代社会。ダイエット食品は手間を省きながら栄養バランスをしっかりとりつつカロリーをカットするのには良い商品です。
価格や内容量など、選ぶポイントはその方によってまちまちですが、健康と美容のことにもう1歩踏み込むと、「無添加」というポイントで選ぶのは長期スパンで体のことを考えた選択方法になりそうです。