2週間で5キロやせ

MENU

イベントに向けての急激なダイエットは要注意!

2週間で5キロやせ

海水浴や温泉旅行、友達の結婚式など、イベント目前でそれに向けてダイエットするのは「いい機会」。
でも、期間が短いために食事制限で摂取カロリーを大幅に減らすことでダイエットしようと考えてしまいがちです。

 

短期間で結果を出すダイエットは「体をコントロールできる意志の強さ」と捉えてしまいがちですが、実はこれこそがリバウンドの原因です。
コントロールしているはずの脳や体。でも我慢のしすぎは太りやすい体質を作ってしまうことになります。


 

急激な体重減は「戻ろう」とする力も強くなる

リバウンドしやすい理由

カラダには「変わらないようにする力」が備わっている

 

食べ過ぎる日が続けば体重はジリジリと増えていくのは当然ですが、1日ぐらい食べ過ぎてもドーンと体重が増えることはありません。
これは、長い期間維持された体重値は脳と連動して記憶されているためです。

 

そもそも、人のカラダは大きな変化を嫌います。
1週間や2週間などの短期間で体重が減ったりすれば、もともとの体重値に近づけようと脳とカラダがはたらきます。
つまり、体重の減り方が急激であればあるほど、元に戻る作用も強くなるということになります。
せっかく辛い思いをしながら我慢したのにリバウンドしてしまうのは、「変化を嫌う」というカラダと脳の仕組みによるものだったのです。


リバウンドしないためには「自分を騙す」?

リバウンドしないために

脳とカラダにダイエット後の体重を覚えさせる

 

急激な体重変化はリバウンドしやすい、ということは、リバウンドせずにダイエット後の体重を維持するためには、じっくりゆっくり痩せるというのが鍵になります。

 

脳とカラダが記憶している体重値を徐々にずらしていくために、「2週間で5キロ」のような急激なダイエットは避けるべきです。

 

健康的にダイエットをするための目安は「5%」。
1ヶ月に減らす体重を、今の体重の5%までにとどめておくようにしましょう。

 

たとえば、体重が60キロの人の場合は、60kg×5%(0.05)=3kg、つまり3kg以上減った場合は急激に痩せすぎという風に考えましょう。